硫黄島戦没者を追悼 コロナ影響 初の島外、都庁で式典 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
式壇に花を供え、手を合わせる遺族=都民ホールで2020年11月18日午後1時28分、内田幸一撮影
式壇に花を供え、手を合わせる遺族=都民ホールで2020年11月18日午後1時28分、内田幸一撮影

 太平洋戦争末期に2万人を超える日本兵が命を落とした激戦地・硫黄島(小笠原村)の戦死者を悼む都主催の戦没者追悼式が18日、都議会議事堂の都民ホールで開かれた。式典は毎年現地で営まれていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、38回目で初めて島外で実施した。

 式典には遺族や小池百合子知事ら約40人が出席。島で兄の平井…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集