メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローンで農産物運搬 東京の開発会社、小菅村で実証実験へ /山梨

試験飛行で披露されたエアロネクストのドローン。機体中央部に荷物が収容されている=山梨県小菅村で2020年11月12日午後0時36分、山本悟撮影

21年度商用化目指す 災害、医療での活用期待

 産業用ドローンの研究開発に取り組む「エアロネクスト」(本社・東京都)は小菅村と協力し、年内にドローンで農産物などを運搬する実証実験を村内で始める。両者は12日に連携協定を締結。ドローンは農業のほか、災害や医療など幅広い分野での活用が期待され、同社は2021年度からの商用化を目指す。【山本悟】

 同社の計画によると、20年中に研究開発などの拠点となる新会社を村内に設立し、ドローンを使って村内全8地区に設ける配送センターから「道の駅こすげ」に農作物などを運搬する。いずれ災害時の救援物資の輸送や、高齢者宅への医薬品の配達などにも活用していくという。

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです