メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前略おへその穴から

悲喜こもごも 体験学習=前川さなえ /愛知

イラスト・前川さなえ

 小学校の2学期は、例年なら楽しい行事がたくさんある時期だけど、今年度はコロナ禍にあっていろいろ中止や変更を余儀なくされている。

 5年生の娘はるちゃんの自然教室は、1泊2日の自然体験活動。恒例だった飯ごう炊さんは今回はなし。確かにこの状況下で同じ釜の飯を食べるっていうのはなぁ。その代わり、防災備蓄用のレトルト非常食カレーを配布して、空き缶炊飯をして食べるのだそうだ。なるほど、一人分ずつにすることで感染リスクの回避になるし、災害時にライフラインが途絶えたときの予行演習にもなる! 学校側もいろいろ考えてくださってるんだなぁ。

 空き缶でご飯を炊くという普段はやらない体験をはるちゃんも楽しみにしていて、持参する空き缶を「このパイナップルの缶詰がちょうどいいかなぁ? ツナ缶だと小さいもんね!」と選んでいる。ワクワクするねぇ。

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国軍機、台湾識別圏進入 異例の28機 米、圧力停止を要請

  2. インド農民、デモ2カ月 自由化反対、打開策見えず

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  5. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです