メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校生平和大使が講演 鹿島小の6年生に 長崎へ修学旅行控え /佐賀

高校生平和大使の活動について話す川崎さん

 鹿島市の市立鹿島小で16日、6年生の平和学習の一環として、核兵器廃絶を求める署名を国連に届ける「第23代高校生平和大使」で鹿島高2年の川崎花笑(はなえ)さん(16)が講演した。川崎さんは同校で開いた戦没者追悼式に触れ「戦争を知り、どうやって平和な世界をつくるのか考え続けることが大切。行動に移せる人になってほしい」と訴えた。

 講演は「高校生平和大使からみんなに伝えたいこと」と題し、核兵器を巡る世界の状況を説明。太平洋戦争中に学徒動員先で空襲などの犠牲となった女学生について、慰霊碑がある鹿島高で10月に開いた追悼式の様子も語った。式では空襲体験者と交流したことを紹介し、「高校生になったら追悼式や署名活動を受け継いで」と呼び掛けた。講演後には「空襲の体験者から直接聞いた言葉を継承したい」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです