メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

踏み跡にたたずんで

防災行政無線=小野正嗣

 その人は地域ではよく知られた人だった。

 とはいえ、登下校する児童たち、目の前の風景がまったく目に入っていないかのように頭のなかの情景を進んでいく子供たちには、その高齢の男性は信号機や歩道橋や横断歩道と同じくらい意識されていなかった。

 いや、それは嘘(うそ)だ。信号機も歩道橋もない地域だった。横断歩道はあったかもしれないが、風雨とタイヤと歳月によってかすれて、ないも同然だった。

この記事は有料記事です。

残り2069文字(全文2259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. コロナ病床増へ勧告 拒否なら院名公表 感染症法改正案

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです