メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

アジアのバランス外交=坂東賢治

 <moku-go>

 米大統領選で初の女性副大統領の座を確実にしたハリス氏はインド系の血を引く。アイルランド移民の子孫であるバイデン氏もインドに縁がある。

 2013年のインド訪問時にムンバイに住む同じバイデン姓の人から「遠い親戚」という手紙をもらったと明らかにしている。

 共通の祖先が18世紀にイギリス東インド会社に入り、ムンバイに渡ったと記されていたそうだ。

 手紙の主とは連絡が取れず、真相は不明だ。だが、東インド会社がアイルランドで社員を募集した記録が残る。ありうる話という。

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1011文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです