メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卵子や精子、保存助成へ 治療前のがん患者らに 来年度から

 若いがん患者らが治療の後でも子どもを作れるように卵子や精子などを凍結保存する施術について、厚生労働省は2021年度から費用を補助する方針を固めた。抗がん剤治療や放射線治療で生殖機能を失う恐れがあるため、同種の施術は少しずつ広まってきた。しかし、費用は高額で、がん治療費に加えて支払う負担は重く、助成を求める声が上がっていた。

 がん患者が抗がん剤や放射線による治療を受けると、卵子や精子の数が極端に少なくなったりして、子どもを作るのが難しくなることがある。治療前に卵子や精子を採取・凍結保存し、治療後に移植して子どもを授かるケースが出ている。将来に備えて施術を受ける小児がん患者もいる。

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1206文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 家宅捜索で記録媒体握りつぶした疑い 証拠隠滅容疑で弘道会系組長逮捕 愛知県警

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 持続化給付金詐取の疑い 国立印刷局の職員2人を逮捕、国家公務員で初 警視庁

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです