新型コロナ 市民に一律5万円、岡崎市議会否決 公約に掲げ当選の市長、見直し表明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛知県岡崎市議会は18日の本会議で、10月の市長選で初当選した中根康浩市長が公約に掲げた、新型コロナウイルス対策として全市民に一律5万円を給付する補正予算案を賛成少数で否決した。給付案は、市の貯金に当たる基金を取り崩す内容で、市議会の主要会派が財政悪化を懸念して反対に回った。中根氏は否決後、事業を見直す考えを表明した。

 市長選では、告示直前に新人の中根氏が一律5万円給付を打ち出し、主要政党が推薦する現職を大差で破った経緯がある。同市では、実現性が不透明な公約を掲げる手法に疑問の声が上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文590文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集