メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型迎撃ミサイル「我が国の防衛のため整備」 加藤官房長官

加藤勝信官房長官=竹内幹撮影

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、米国に向かう大陸間弾道ミサイル(ICBM)を、日米が共同開発している新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」によって迎撃する可能性に関し「同ミサイルを含む我が国の弾道ミサイル防衛システムは、我が国自身の主体的判断に基づいて運用される。あくまでも我が国を防衛するための整備だ」と述べた。

 加藤氏はまた「実際に米国に向かう弾道ミサイルを迎撃することが能力的に可能かどうかは同ミサイルの性能、発射地点、着地地点、さまざまな要因によって変化するものであり、それ自体のお答えは差し控えたい」と述べるにとどめた。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです