新型迎撃ミサイル「我が国の防衛のため整備」 加藤官房長官

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
加藤勝信官房長官=竹内幹撮影
加藤勝信官房長官=竹内幹撮影

 加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、米国に向かう大陸間弾道ミサイル(ICBM)を、日米が共同開発している新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」によって迎撃する可能性に関し「同ミサイルを含む我が国の弾道ミサイル防衛システムは、我が国自身の主体的判断に基づいて運用される。あくまでも我が国を防衛するための整備だ」と述べた。

 加藤氏はまた「実際に米国に向かう弾道ミサイルを迎撃することが能力的に可能かどうかは同ミサイルの性能、発射地点、着地地点、さまざまな要因によって変化するものであり、それ自体のお答えは差し控えたい」と述べるにとどめた。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文421文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集