メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

普天間の運用期限、政府示さず 沖縄県・宜野湾市が設定要求 三者作業部会

米軍普天間飛行場に関する「負担軽減推進会議」の作業部会に臨む沖縄県の謝花喜一郎副知事。左は宜野湾市の和田敬悟副市長=19日午前、首相官邸

 政府と沖縄県、宜野湾市は19日午前、米軍普天間飛行場(同市)に関する「負担軽減推進会議」の作業部会を首相官邸で開いた。県と市は、2014年2月を起点に5年以内とされた運用停止の期限が経過したのを踏まえ、新たな期限設定を要求。政府側は「現状で明確に期限を示すのは難しい」と応じなかった。

 作業部会開催は昨年9月以来で菅内閣発足…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 名古屋市消防局が救急搬送の2人、心肺停止に ベッド満床で受け入れ先見つからず

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです