メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米航空当局、ボーイング「737MAX」運航再開を承認 2度の墜落事故

ボーイング737MAX=AP

[PR]

 米連邦航空局(FAA)は18日、2度の墜落事故を起こした米航空機大手ボーイングの小型旅客機「737MAX」について米国での運航再開を認めると発表した。2019年3月の運航停止命令を1年8カ月ぶりに解除する。米航空各社は今後、機体整備や操縦士の再訓練を行う必要があり、運航再開は早くても年末になる見通し。米国以外での運航再開には各国当局の承認が必要になる。

 737MAXは18年10月にインドネシア、19年3月にエチオピアで墜落事故を起こし、世界各国で就航中の約370機が運航停止となった。事故原因は離陸時の失速防止システム「MCAS」の誤作動が主因とされ、FAAは事故の再発防止に向けてシステム改修やパイロット訓練の改善を命じた。FAAのディクソン長官は同日、ロイター通信に「設計変更で事故原因を排除した。(機体の安全性には)100%の自信を持っている」と述べた。

 ボーイングのカルフーン最高経営責任者(CEO)は同日、「2度の悲劇的な事故で失われた命を忘れることはない。今回の教訓を踏まえ、ボーイングは社内体制を刷新し、安全性や品質を追求している」との声明を出した。

 FAAの承認を受け、米航空各社は操縦士の再訓練や機体の改修・整備を進める方針で、アメリカン航空は12月29日の運航再開を見込んでいる。欧州やカナダ、ブラジルなど主要航空当局も早期に運航再開を認めるもようだ。

 737MAXの運航再開はボーイングの経営立て直しにつながりそうだ。737MAXの長期運航停止に加え、新型コロナウイルス感染拡大に伴う旅客機需要の減少で、ボーイングは19年10~12月期から4四半期連続で最終(当期)赤字を計上。全従業員の約2割にあたる約3万人の人員削減を進めていた。

 737MAXは運航停止後、1000機以上のキャンセルが発生したが、なおボーイングの旅客機受注残4300機の約8割を占める。運航再開で機体引き渡し再開にめどが付き、ボーイングや部品供給会社(サプライヤー)の経営改善が期待される。ただ、米司法省が墜落事故の捜査を進めているほか、米議会もFAAの安全審査を強化する法改正を検討しており、737MAX問題は今後も尾を引きそうだ。【ワシントン中井正裕】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです