メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ディープフェイク」ポルノ転載のサイト運営者3人を逮捕 芸能人への名誉毀損容疑

警視庁=米田堅持撮影

[PR]

 人工知能(AI)を使った「ディープフェイク」と呼ばれる技術を悪用して出演者の顔を女性芸能人にすり替えたポルノ動画のまとめサイトを運営していたとして、警視庁と千葉県警は19日、サイトの運営者3人を名誉毀損(きそん)容疑で逮捕したと発表した。ディープフェイクを巡っては、同庁などが9月に偽動画の作成者を初めて逮捕したが、動画の作成に関与していないサイト運営者が逮捕されるのは初めて。

千葉県警本部=信田真由美撮影

 逮捕されたのは、東京都港区、会社員、二又正行(46)、世田谷区、会社員、山口岳(33)ら3容疑者。このうち横浜市港北区のホテル従業員の男性容疑者(23)は19日の送検後に釈放された。今後、任意で捜査を続ける。

 逮捕容疑は2019年12月~20年9月ごろ、女性芸能人の顔にすり替えたポルノ動画のURL計8件をそれぞれが運営するサイトに掲載し、芸能人計6人の名誉を傷つけたとしている。

 同庁保安課によると、二又容疑者は「サイトには『芸能人本人ではない』と記載しており名誉を毀損していない」と否認。一方、山口容疑者は「新型コロナウイルスで仕事が減り、ウェブ広告で稼ぎたかった」と容疑を認めている。二又容疑者は19年12月以降、50万円以上の広告収入があったとみられる。

 国内のサイトに掲載されたディープフェイクを悪用したポルノ動画は、9月末時点で3500本以上が確認されていたが、10月末時点では約1800本まで減少したという。【柿崎誠】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです