特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

感染防止に効果か コロナに結合するたんぱく質開発 京都府立医大など創薬進める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスに強力に結合するたんぱく質を開発したと、京都府立医大などの研究グループが18日、発表した。このたんぱく質を薬として患者に投与することで、ウイルスを取り囲んで粘膜にたどり着けないようにし、感染を防止する効果が期待できる。今後、ヘルスケア事業会社「生命科学インスティテュート」(東京)と共同で創薬を進め、2021年度中の治験開始を目指す。

 新型コロナウイルスは、表面にある「とげ状」のたんぱく質が、目の結膜や鼻腔(びくう)、気道の粘膜の表面にある受容体たんぱく質「アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)」と結合し、感染させる。

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文530文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集