特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

全国で新たに2386人感染 厚労省助言委「過去最多の水準」「潜在クラスターが一因」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚労省の新型コロナウイルス感染症対策「アドバイザリーボード」であいさつする田村憲久厚労相(右)と険しい表情の脇田隆字座長=厚労省で2020年11月19日午後6時1分、梅村直承撮影
厚労省の新型コロナウイルス感染症対策「アドバイザリーボード」であいさつする田村憲久厚労相(右)と険しい表情の脇田隆字座長=厚労省で2020年11月19日午後6時1分、梅村直承撮影

 新型コロナウイルスの感染者は19日、全国で新たに過去最多の2386人が確認された。東京都534人、大阪府338人など8都道府県で1日あたりの感染者数が最多を更新。感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」(座長=脇田隆字国立感染症研究所長)は「感染拡大のスピードが増しており、放置すれば、さらに急速な感染拡大に至る可能性がある」と分析。「この状況が続けば、予定された手術や救急医療の受け入れを制限せざるを得なくなるなど、通常の医療との両立が困難となる」と警戒感を示した。

 全国では新規感染者が直近の1週間(12~18日)で1万1296人確認され、前週に比べ1・41倍と、感染拡大のスピードが増している。都道府県別では、東京2345人(前週比1・33倍)▽大阪1661人(同1・40倍)▽北海道1529人(同1・34倍)▽神奈川974人(同1・40倍)▽愛知887人(同1・38倍)――となっている。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文1007文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集