メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝2020注目選手

日本郵政グループ・広中璃梨佳 原石の輝きに魅力 20種類の帽子で「走りに集中」

前回の全日本大会の1区で後続を大きく引き離して独走する日本郵政グループの広中璃梨佳=宮城県利府町で2019年11月24日、滝川大貴撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)が11月22日、宮城県で行われる。東日本大震災直後に始まった宮城開催は今年で10回目で、22チームが参加。「女子駅伝日本一」の座を目指す注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

広中璃梨佳(19)=日本郵政グループ

 今、女子実業団で最も勢いのあるスピードランナーだ。新人だった前回の全日本大会は1区で従来の記録を18秒更新する区間新記録で優勝に貢献し、最優秀選手賞を獲得。9月の全日本実業団対抗選手権5000メートルでは、日本歴代3位の14分59秒37で3位に入った。連覇が懸かる今大会にも「のびのびと自分らしい走りができればいい」と気負いはない。

 陸上を始めたのは小学1年の冬。校内マラソンで優勝を逃したことがきっかけだった。…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文939文字)

小林悠太

毎日新聞東京本社運動部。1983年、埼玉県生まれ。2006年入社。甲府支局、西部運動課を経て、16年から東京本社運動部。リオデジャネイロ五輪を現地取材した。バドミントン、陸上、バレーボールなどを担当。学生時代、184センチの身長を生かそうとバレーに熱中。幼稚園児の長男、次男とバレーのパスをするのが目下の夢。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです