メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染

 秋田県で生まれ育ったたすく(仲野太賀)の妻ことね(吉岡里帆)が娘を出産した。ことねは父親になる覚悟が感じられないたすくにいら立ちを募らせていたが、地元のなまはげの行事に参加したたすくは泥酔し、大失態を犯してしまう。2年後、ことねに愛想を尽かされて離婚し、東京で孤独な日々を送るたすくは、ひょんなことから彼女の近況を聞いて帰郷するが……。

 自主映画出身の佐藤快磨(たくま)監督が、是枝裕和監督のサポートを得て完成させた商業映画第1作。何事にも無責任で無自覚なダメ青年が元妻とヨリを戻そうとする奮闘劇だが、簡単に丸く収まる話ではない。甘くない現実に何度も打ちのめされる主人公の迷走と挫折を、徹底的にリアルな悲喜劇として映し出す。仲野と吉岡の演技、入念なロケハンを重ねたであろう映像が、地方の閉塞(へいそく)感やわびしさを漂わせて秀逸。男鹿半…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文587文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです