メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

東京11R・奥多摩S 素質上位、ビッククインバイオ (土曜競馬)

 ビッククインバイオを本命に推す。2010年の秋華賞2着のアニメイトバイオの子で、昨年のアルテミスSで3着に食い込んだ素質馬だ。2走前の相模湖特別で3勝目を挙げたが、やや重で1分21秒3の走破時計は優秀。前走の白秋S6着は、大外枠からの発走で終始外を回されたのが響いた。それでも休養明け、昇級戦で0秒5差なら悪くない。中間は美浦のウッドチップコースで入念に追われており、体調に不安はない。折り合いにも進境がうかがえる。

 相手はショウナンアオゾラ。2走前の福島戦を抜群の瞬発力で差し切り、続く東京の芝1400メートルの2勝クラスを上がり33秒7で2着馬を0秒5突き放した。あのレースぶりなら、このクラスでも十分好勝負できる。中間も丹念に乗り込まれており、前回の馬体は維持できている。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです