メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症当事者、条例に魂(その2止) 「社会の目線変わって」 東京・世田谷「ともに生きる希望条例」

「老人を代表してお礼を申し上げます」。条例の誕生を記念したシンポジウムで感謝を伝えた長谷部泰司さん

 <1面から続く>

 かつての認知症施策は当事者である本人たちの声をほとんど聞かずに作られてきた。だが、ここ数年は自らの思いや体験を語る本人が増え、和歌山県御坊(ごぼう)市が本人とともに作った条例を施行するなど、新たな動きが生まれている。

 「認知症とともに生きる希望条例」という名前で10月1日に施行された東京都世田谷区の条例も、施策を評価する委員会への本人参加を条文に明記するなど、本人の視点を重視する姿勢を貫いた。目指すのは、一人一人の意思と権利が尊重され、自らの力を発揮しながら安心して暮らせる地域だ。以前は認知症になると「何も分からなくなってしまう」という考え方があったが、条例は、本人の意思や感情は豊かに備わっているとして「尊厳と希望を持って自分らしく生きることが可能」とはっきり伝えている。

 10月下旬に条例誕生を記念して開かれたシンポジウムには、2人も登壇した。長谷部泰司さんはパネリストとして「条例は大きな希望になるのではないか。老人を代表しましてお礼を申し上げます」と感謝を口にした。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです