メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

現代のサリバン先生

手作りの教材を使って、まひがある指でビー玉をつかみ、丸い枠に落とし込む女性=認定NPO法人スマイリングホスピタルジャパン提供

 重い障害がある子どもたちのために、手作りの教材を携えて家に出向く「学びの時間の宅配人」がいる。東京の認定NPO法人「スマイリングホスピタルジャパン(SHJ)」。

 教材は例えば「ビー玉落とし」。幅20センチ縦6センチの四角柱の木に開いた三つの穴に、手でビー玉をはめ込む。健常者には何のことはない動作だが、障害児にとっては、ビー玉の感触や重み、体の動き、自…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  3. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです