メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・アートを歩く

芸術さんぽ 塚本美術館(千葉県佐倉市) 日本刀や外装600点 /東京

特に女性からの人気が高いという加州清光作の刀=千葉県佐倉市の塚本美術館で、倉岡一樹撮影

 かつて城下町として栄えた佐倉市。その風情を色濃く残す目抜き通り「新町通り」から一本入った住宅街にひっそりとたたずんでいる。国内でも珍しい日本刀専門の美術館である。

 開館は1983年。佐倉出身の実業家、故塚本素山の収集品を基に、日本刀や外装約600点を所蔵する。

 室町時代の同田貫(どうだぬき)正国作の刀や、新選組の隊士・沖田総司も愛用した加州清光作の刀、紀州徳川家伝来で数が極めて少ない江(ごうの)(郷)義弘作の脇差しに長曽祢虎徹(ながそねこてつ)作の刀--。

 当代屈指の刀工による名作ぞろいで、常時約30点ずつ展示。3カ月ごとに入れ替える。

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  3. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  4. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです