メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「山紫水明」な新ロゴマーク 県、誕生150年に合わせ発表 原案は甲斐の石原さん 武田菱、富士山モチーフに /山梨

新たな山梨県のロゴマークを発表する長崎幸太郎知事=県庁で2020年11月19日、梅田啓祐撮影

 1871(明治4)年11月20日に山梨県が誕生したことを記念する「県民の日」(11月20日)にちなみ、県は19日、県庁で記念式典を催し、県の新ロゴマークを発表した。今年7~8月に県民や県にゆかりのある人から公募し、選ばれた作品を元に制作した。

 ロゴ募集は来年の県誕生150年の節目に合わせて、県民の機運醸成を図ろうと企画。新ロゴは、甲斐市在住で甲府地区消防本部に勤務する消防職員、石原悠一さん…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです