メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

母からもらった腎臓

生体間移植を経験して/10 「内部障害」のつらさ実感 バスや電車で疑いの目 /山梨

私の障害者手帳。川崎市にもらった「ふれあいフリーパス」もこのケースの中にしまっている

 赤いケースに入った写真付きの手帳を、いつも持っている。「身体障害者手帳」だ。記者の端くれとして、障害は理解している「つもり」だったが、浅はかだった。とりわけ、私がそうである「内部障害」については。反省も込めて連載の番外として、以前は見えなかった風景を描いてみる。

 当初交付されたのは「じん臓機能障害3級」の手帳だった。外見からは分かりにくい内部障害の一つだ。

 内部障害は、心臓と呼吸器、腎臓、ぼうこう・直腸機能、小腸機能、免疫機能(ヒト免疫不全ウイルスによる)、肝臓--のいずれかに障害がある場合を指す。厚生労働省の調査によると、総数(身障者手帳所有)は124万1000人で、身体障害者全体(428万7000人)の約3割を占める。100万人を超えているとは想像もしなかった(いずれも推計値)。

この記事は有料記事です。

残り2093文字(全文2440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです