メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よってけし

地域の笑顔 /山梨

 新型コロナウイルスで生活が一変した今年も紅葉の季節が来てくれた。木々は何事もなかったかのように、山を錦色に染めている。

 この時期になると、5年前に訪れた徳島県上勝(かみかつ)町の「葉っぱビジネス」を思い出す。都会の料亭で出す料理に添えるモミジなどの葉を、農家の女性たちが販売し商売を成功させ、町は全国に知られるようになった。

 急峻(きゅうしゅん)な谷筋に沿って点在する大小55の集落に約1500人が暮らす。半数は65歳以上だが、200軒の農家が庭先や畑回りの木の葉を採り、年間2億6000万円を稼ぎ出す。1000万円を売り上げる農家もあるが、80歳近い女性は「生きがいだもの」と目を輝かせた。収益だけが目的ではない。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです