メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子も「eスポ」熱中 英風高、全国大会初出場 /大阪

[PR]

 対戦型コンピューターゲームの高校日本一を決める「第3回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社など主催、サードウェーブ共催)が21日、開幕する。府内からは通信制女子高の英風高(大阪市福島区)が初出場。参加者の大半が男子の大会で、女子チームは異色だ。対戦はオンラインで行われる。

 同高のeスポーツ部は部員12人で、9月に発足したばかり。創部2カ月での全国大会出場だ。顧問の梶田昌浩教諭は「体力的に難しい生徒が勝負できる、いいツールだ」と話す。主将の森岡虹心さん(3年)も中学ではソフトボール部に所属したが、「炎天下でボールを拾うのがすごくつらかった」といい、eスポーツが合っていると語る。部のモットーは「楽しく」。互いに前向きな言葉を掛け合うことを心掛けている。

 大城セリナさん(1年)は中学時代、ゲームや携帯電話にのめり込んで生活が乱れた経験があり、「自制心がなかった」と振り返る。中3の時に思い切ってゲームと距離を置き、今は部活動として節度を持って携わっている。「楽しむだけでなく、スポーツとして本気で取り組みたい。今年はいろいろな行事がなくなっているので、3年生にとって、いい思い出になれば」と話す。

 数学を教える梶田教諭は「ゲームは数字ではっきり結果が出る。1回勝てると自信になり、数学を毛嫌いしていた生徒が頑張ってみようと前向きになることができる」とeスポーツの効果を語る。森岡さんは「相手は強いと思うが、くじけず力を出し切りたい」と意気込みを語った。【荻野公一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです