新型コロナ 口は閉じて食べましょう! 九州歯科大の教授が理事長 日本小児歯科学会がポスター /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「口は閉じて食べましょう!」と呼び掛けるポスターを手にする牧教授
「口は閉じて食べましょう!」と呼び掛けるポスターを手にする牧教授

 新型コロナウイルスの感染源とされる飛沫(ひまつ)の拡散防止に有効な「口を閉じて食べる」大切さを小中学生に呼び掛けるポスターを、日本小児歯科学会(東京)が製作した。病気や幼少時からの習慣のため、食事中ずっと口を開けている子どもに正しい食事の取り方を伝える内容。学会の理事長で九州歯科大(小倉北区)の牧憲司教授は「ポスターを通じて保護者や先生の理解も深まれば」と話す。【奥田伸一】

この記事は有料記事です。

残り451文字(全文640文字)

あわせて読みたい

注目の特集