メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民投票法、平行線 菅政権初の憲法審、今国会成立困難

 衆院憲法審査会は19日、菅政権発足後初の自由討議を行った。与党側は国民投票法改正案の早期採決を求めたが、立憲民主党はCM規制の必要性を主張。議論は平行線をたどり、今国会中の改正案成立は困難な情勢となった。

 改正案は、国民投票の手続きを公職選挙法に合わせる内容で、2018年に提出されてから8国会目を迎えている。自民党の新藤義孝・与党筆頭幹事は「先の国会で野党委員からも内容には異論がないと発言があった。速やかに…

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです