特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

「まず自助」に違和感

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉首相は臨時国会の所信表明演説で、「自助・共助・公助」を目指す社会像とした。しかし、自助が1番目に提示されたことに、「困ったことがあっても、まずは自分で何とかしろと言われているようだ」と反発の声も上がる。自己責任だけでは解決できない課題が増える中、自助・共助・公助の望ましいバランスを考える。

「皆で助ける」なぜ言えぬ 奥田知志・認定NPO法人「抱樸(ほうぼく)」理事長

 菅首相の掲げる「自助」は、「まずは自分で何とかしろ」と聞こえる。それでダメだったら国が支えるから安心しろ、と。言わば「ダム決壊論」。「自助」というダムが決壊したら「共助」のダム、すなわち周囲で支える。「共助」のダムが決壊したら、最後に「公助」(国)のダムがある、と。しかし困窮者支援の現場から見ると、これは机上の空論だ。

 なぜなら「公助」の対象となる時にはすでに「自分」も「周り」もボロボロに傷ついているから。公助を後回しにした結果、困っている人も地域も崩壊し、二度と立ち上がれなくなってしまう。公助を出し惜しみするほど自助の成り立たない社会となってしまう。

この記事は有料記事です。

残り4085文字(全文4552文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集