デジタル通貨実験、30社超 便利な決済目指す 来年度

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 3メガバンクやJR東日本、NTTグループなどが参加するデジタル通貨に関する勉強会は19日、電子マネーやスマートフォン決済に互換性を持たせる実証実験を行うと発表した。2021年度にも始まる。30を超える企業・団体が参加し、異なる規格でもデジタル通貨を介して決済しやすい基盤の整備を目指す。実現すれば、消費者の使い勝手が向上しそうだ。

 世界的な潮流を受け、日銀も中央銀行が発行するデジタル通貨の実証実験を21年度早期に始める方針で、官民でデジタル通貨の機運が高まっている。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文733文字)

あわせて読みたい

注目の特集