メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

護衛艦進水式 小型化コスト減 海自任務増、艦数増強

進水式が行われた新型護衛艦「くまの」=岡山県玉野市で2020年11月19日、本社ヘリから加古信志撮影

 海上自衛隊が導入する新型護衛艦の初めての進水式が19日、岡山県玉野市であった。新型艦は従来の護衛艦よりもコンパクトで建造費や乗組員を減らすことができ、護衛艦数の増加や人手不足の解消につなげる狙いがある。防衛省は将来的に自衛艦隊の主力とする方針で、大型化が進んできた護衛艦はコンパクト化へとかじを切るが、新型艦が向かう大海原は穏やかではなさそうだ。【松浦吉剛】

 新型艦の略称はFFMで、大きさは全長133メートル、幅16・3メートル。基準排水量は3900トンで、2019年度末で就役している護衛艦48隻の平均(約5540トン)の7割ほどだ。乗組員は約90人で通常の護衛艦の半分、イージス艦の3分の1程度と少ない。今回進水式を迎えた新型艦は三井E&S造船の製造で、「くまの」と命名された。就役は22年3月の予定。

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです