メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

ミズノ 水野明人社長 健康志向の流れ続く 少子化対応、事業多角化

水野明人・ミズノ社長=大阪市住之江区で2020年11月13日、加古信志撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 大阪発祥の大手スポーツメーカー「ミズノ」。野球やランニング、ゴルフなど世界のアスリートが愛用する商品を生み出してきた老舗だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ大会が軒並み中止となるなど、厳しい経営環境に追い込まれている。水野明人社長(71)にコロナ収束後を見据えたスポーツビジネスについて聞いた。【聞き手・杉山雄飛、写真・加古信志】

 ――新型コロナの経営への影響をどのようにみていますか。

この記事は有料記事です。

残り1603文字(全文1827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです