メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本・川辺川ダム建設へ転換 豪雨4カ月、知事表明 流水型、きょう国に要望

蒲島郁夫知事=熊本県議会で2020年11月19日、矢頭智剛撮影

 7月の九州豪雨で氾濫した球磨川の治水対策を巡り、熊本県の蒲島郁夫知事は19日、県議会の全員協議会で「ダムの効果を過信することはできないが、被害防止の確実性が担保できるダムを選択肢から外すことはできない」と述べ、支流の川辺川でのダム建設を容認する考えを表明した。ダム計画は2008年に自ら「白紙撤回」したが、県内だけで65人が亡くなった豪雨被害を受け方針を転換した。

 知事はその上で、貯水型の現行ダム計画を廃止し、環境への影響が貯水型より小さいとされる「流水型」での建設を国に要望すると明らかにした。20日に赤羽一嘉国土交通相と面会し、自身の考えを伝える。

この記事は有料記事です。

残り1395文字(全文1673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです