メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レムデシビル「承認見直す必要はない」と加藤官房長官 WHO「推奨しない」指針に

加藤勝信官房長官=竹内幹撮影

 加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、日米などで新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認されている抗ウイルス薬レムデシビルについて、承認を見直す必要はないとの考えを示した。世界保健機関(WHO)が同日、症状の軽重にかかわらず使用は推奨しないとの指針を公表していた。

 加藤氏はWHOの指針について「全体的に…

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです