メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチックごみ削減 製造事業者に自主回収要請 政府制度改革、21年1月決定

処理が追い付かずに処理施設で山積みとなったプラスチックごみ=東京都大田区の東港金属で2019年5月27日午後5時2分、鈴木理之撮影

 プラスチックごみの削減やリサイクル促進の具体策を検討する政府の有識者会議は20日、今後の制度改革案をまとめた。プラスチック製品の製造事業者に使用済み製品の自主回収を求める。家庭ごみについても、既にリサイクル対象となっているペットボトルなどの容器包装以外でも、単一素材のプラを新たな分別区分「プラスチック資源」として一括回収するよう自治体に要請する。

 国民からの意見公募を経て2021年1月にも正式決定する。プラスチックごみに対しては企業ごみと家庭ごみを別々の制度で対応していたが、政府は来年の通常国会で両者を一体的に削減する新法案の提出を目指しており、今回まとめた改革案を盛り込む方針。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです