メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「核兵器禁止条約の批准を」 広島・長崎市長が外相や首相に書面で要請

鷲尾英一郎副外相(右)に要請書を渡す広島市の松井一実市長(中央)と長崎市の田上富久市長=外務省で20日午後

 核兵器禁止条約の来年1月の発効が確定したことを受け、広島市の松井一実市長と長崎市の田上富久市長は20日、外務省を訪れ、政府に条約への署名と批准を求めた。直ちに参加するのが難しい場合は締約国会議にオブザーバー参加し、「唯一の戦争被爆国」として核軍縮にリーダーシップを発揮するよう要請した。

 松井市長と田上市長は条約について「被爆者の『世界の誰にも二度とこの体験をさせてはならない』という強い訴えが源流となり、大きなうねりを生んだ。核軍縮が遅々として進まず、核兵器が3度使用されることへの危機感を多くの国が共有した結果だ」と指摘する茂木敏充外相宛ての要請書を、鷲尾英一郎副外相に手渡した。

 165の国・地域の8000近い自治体でつくる非政府組織(NGO)「平和首長会議」の国内加盟都市会議(会長・松井市長)から菅義偉首相に宛てた「平均年齢が83歳を超えた被爆者は、全ての国による条約締結を待ち望んでいる。日本政府には一刻も早く締約国になるよう強く要請する」との文書も提出した。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです