メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本県、川辺川ダム建設で水没する五木村を財政支援へ

川辺川=熊本県相良村で2020年11月4日、吉川雄策撮影

 熊本県の蒲島郁夫知事が球磨川支流・川辺川でのダム建設を容認したことを受け、県はダム建設によって村中心部が水没する同県五木村の振興を図る新たな財政支援措置を取る方針を固めた。23日に蒲島知事が村を訪ね、木下丈二村長らに今回の判断や今後の支援について説明する。

 県は当時の民主党政権が川辺川ダムの建設中止を表明した2009年、水没予定地を抱えて半世紀近く翻弄(ほんろう)された五木村を再建する「ふるさと五木村づくり計画」を策定。総額10億円の県五木村振興基金などを財源に観光振興や定住促進を…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです