特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ「最大限警戒すべき状況」 菅首相、全国知事会で認識示す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国都道府県知事会議に臨む菅義偉首相(手前)=首相官邸で2020年11月20日午後6時1分、竹内幹撮影
全国都道府県知事会議に臨む菅義偉首相(手前)=首相官邸で2020年11月20日午後6時1分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は20日、首相官邸で開かれた全国都道府県知事会議に出席し、新型コロナウイルスの感染が再拡大している現状について、「(感染者数が)連日全国で2000人を超え、最大限警戒すべき状況にある」との認識を示した。需要喚起策「GoToキャンペーン」事業に関しては「感染拡大地域では原則4人以下で飲食することについて検討を要請している」として継続を前提に協力を呼びかけた。事業を巡っては専門家から見直しを求める声も上がっており、政府は20日の新型コロナ感染症対策分科会の意見を踏まえ、21日に開く政府対策本部で今後の対応を検討する。

 会議で、飯泉嘉門全国知事会長(徳島県知事)は「新型コロナは急拡大をし、この1週間で過去最高の新規感染者数となったのが17都道府県ある。地域を絞った強力かつ効果的な対策を首相のリーダーシップの下で取ってほしい」と述べ、対策の強化を求めた。出席した他の知事からは、コロナ禍による地方の厳しい雇用情勢や経済への悪影響を踏まえ、雇用調整助成金の特例措置の継続や持続化給付金の再交付、地方創生臨時交付金の増額…

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文952文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集