メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府分科会、飲食店時短と移動自粛要請を提言 GoTo見直しも要求

新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見する西村康稔経済再生担当相=東京都千代田区で2020年11月20日午後

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は20日、新型コロナの新規感染者数が連日過去最多を更新している現状を受け、政府への提言をまとめた。「今まで通りの対応では、早晩、医療提供体制が逼迫(ひっぱく)する可能性が高い」として、3週間程度の集中期間を設け、地域の感染状況に応じて飲食店の営業時間短縮や地域間の移動自粛などを要請するよう提言。旅行需要喚起策「GoToトラベル」事業に関しては「感染拡大地域では、一部区域の除外を含め、運用のあり方について早急に検討していただきたい」と見直しを求めた。

 政府は提言を踏まえ、21日に開く新型コロナ感染症対策本部で今後の対応を検討する。西村康稔経済再生担当相は分科会後の記者会見で、「対策本部で今後の対応について方向性を出せるよう検討を急ぎたい」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り731文字(全文1079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです