習主席、TPP11参加「積極的に検討」 APEC首脳会議 トランプ氏も出席

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンライン形式で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に出席した菅義偉首相=首相官邸で11月20日(内閣広報室提供)
オンライン形式で開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議に出席した菅義偉首相=首相官邸で11月20日(内閣広報室提供)

 日本や米国、中国など21の国・地域が参加するアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が20日夜、オンライン形式で開かれた。新華社電によると、中国の習近平国家主席は日本など11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP11)について「(参加を)積極的に検討する」と初めて表明した。

 会議では、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた域内経済の回復や、自由貿易の推進を柱とする新たなAPECの目標について議論。2017年以来、3年ぶりとなる首脳宣言を採択する見通しだ。

 会議には菅義偉首相や習氏に加え、トランプ米大統領も出席。菅首相は会議で、デジタル化や技術革新を通じた経済成長の重要性を強調。機能不全に陥っている世界貿易機関(WTO)の改革やTPPの拡大、15日に署名が行われた地域的な包括的経済連携(RCEP)協定の早期締結など、ルールに基づいた多角的貿易体制を重視する姿勢を打ち出す。

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文683文字)

あわせて読みたい

注目の特集