足利市長、有権者に食事券 「問題ない」 栃木

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
和泉聡・栃木県足利市長
和泉聡・栃木県足利市長

 栃木県足利市の和泉聡市長は19日の定例記者会見で、自らが代表を務める資金管理団体「おりひめ懇和会」が今年9月、会員113人に5000円分の食事券などを配ったことを明らかにした。和泉市長は同市選挙管理委員会に公職選挙法に抵触しないことを確認した上で配布したと主張したが、同選管は「照会は受けたが、金券を配布するとは聞いていない。寄付行為の例外規定を説明しただけ」と食い違いを見せている。

 和泉市長によると、同会は8月27日に予定していた総会を新型コロナウイルスの感染拡大を理由に中止したため、市政報告書とともに記念品として5000円分の食事券と菓子(3000円相当)、乾麺(2300円相当)を配った。一人1万円相当を超え、総額116万円を支出した。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文532文字)

あわせて読みたい

スポニチのアクセスランキング

現在
昨日
1カ月

ニュース特集