メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“群衆”から旧ソ連の空気 ウクライナ出身・ロズニツァ監督の実録映画、日本初公開

「国葬」の1シーン=ⒸATOMS&VOID

 ウクライナ出身の実録映画の鬼才、セルゲイ・ロズニツァ監督のドキュメンタリー作品が日本初公開され、話題を呼んでいる。「群衆」ドキュメンタリー3選で、作中にあふれる顔、顔、顔が、時代の空気を映し出している。

 公開されているのは、1953年のスターリンの葬儀を描いた「国葬」(2019年、135分)▽モスクワで1930年、8人の科学者や経済学者がクーデター容疑で裁かれた「産業党事件」の裁判を記録した「粛清裁判」(2018年、123分)▽ベルリン郊外の元強制収容所を訪れる人たちを描いた「アウステルリッツ」(16年、94分)。

 ロズニツァ監督は、過去の記録映像を再編集して作品化するアーカイバル映画の名手。「国葬」は旧ソ連全土で、約200人のカメラマンが撮影した映像をつないだ。独裁的な指導者の死を悼む幾千万人の顔には、不安とともに一抹の安堵(あんど)がにじむ。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文703文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まるでエヴァ? 「緊急事態宣言、発出中」福岡県製作の動画が話題

  2. 「大変な時期に」 旭川医大、コロナ巡り学長と対立の病院長解任 関係者に衝撃

  3. 名古屋市の救急医療ピンチ 搬送中に心肺停止状態も 愛知県が専門チーム

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです