メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川の鳥インフル85万羽殺処分へ 6、7例目が発生 6例目は5例目と隣接

 香川県は20日、同県三豊市で新たに鳥インフルエンザが2例発生したと発表した。感染力の高い高病原性とみられる。国内では今季6、7例目で、これまで全て同県内で発生。県は20日から、関連施設を含め計約85万羽の殺処分を始めた。

 県によると、6例目の養鶏場は採卵用の鶏約14万7000羽を飼育。15日に感染が確認された5例目の養鶏場と隣接し、関連会社が運営している。19日に50羽が死んでいるのが見つかり、遺伝子検査の結果、高病原性の可能性が高いと判明…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです