メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガスさえ逃さない…リュウグウの「お宝」カプセル開封に向けた綿密な計画とは

2019年2月、はやぶさ2が小惑星リュウグウへ着陸した直後の画像。多くの破片が飛び散り、物質を採取できたとみられている=宇宙航空研究開発機構提供

 小惑星探査機「はやぶさ2」のカプセル回収チームがオーストラリア南部ウーメラに到着し、12月6日の「帰還」準備が本格化している。気になるのはその中身。持ち帰る小惑星リュウグウの石がどれくらい入っているのか、どんな色や形をしているのか。人類が初めて手にするリュウグウのかけらを扱うため、プロジェクトチームはカプセルのふたを開く瞬間に向けた綿密な計画を立てている。【永山悦子/オピニオングループ、池田知広/科学環境部】

防護服で作業する理由 チームが注目するものは…

 カプセル回収から開封までの流れは、次の通りだ。

 ウーメラ近郊の砂漠に着地したカプセルを確認後、リュウグウの試料が入っている部分を最優先で回収する。カプセルにはパラシュートを開くための火薬などが残っている可能性があり、メンバーは防護服を着て作業する。現場に設営した分析施設で試料が密閉されている容器(サンプルコンテナ)を取り出し、専用の輸送ボックスに入れ、チャーター機で日本へ送る。

 羽田空港に到着したら、相模原市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所へ陸路で運び、専用施設のクリーンルームへ搬入。専用設備「クリーンチャンバー」へ接続して、ふたを開く。

 リュウグウの物質が入っているかどうかは、どのタイミングで分かるのか。

 採取できた物質の量は、最大でも10グラム程度と微量だ。戻ってきたカプセルの重さを量っても分からないとみられる。そこでチームが注目するのが、現地でサンプルコンテナの中から採取するガ…

この記事は有料記事です。

残り3329文字(全文3965文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです