メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真宗大谷派が門首継承式 ブラジル国籍の暢裕・新門首が3カ国語であいさつ

 真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)で20日、24年ぶりの「門首継承式」が開かれた。2020年7月1日に就任した大谷暢裕(ちょうゆう)門首(69)が御影堂(ごえいどう)の宗祖・親鸞の木像「御真影(ごしんねい)」を前に「真宗の教え南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)を世界中の人々に届ける」などと宣誓…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文346文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです