メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロナで変わる世界

<弔い編 インタビュー②>松尾貴史さん「コロナは葬儀する自由奪った」 弔いの形、今後は

松尾貴史さん=大阪市福島区で2016年4月21日、山田夢留撮影

 コロナ禍のため、国内外で多くの人が肉親の看取りや葬儀ができない状況が続く。今年、母を亡くした放送タレントの松尾貴史さんに、弔いのあり方について聞いた。【聞き手・熊谷豪】

 ――今年、母親を亡くされましたね。

 ◆急でした。3月に母の家の近くに立ち寄った際、久しぶりに一緒にコーヒーを飲もうと思い、電話を掛け続けたのに応答がありませんでした。自宅を訪ねたところ、亡くなっていました。亡くなったのは約1カ月前だそうです。87歳で、年に不足はありません。亡くなる数日前も親戚を呼び出して、元気にしゃべっていたようです。

 葬儀は行わず、火葬場で手を合わせました。元々、母は「葬儀を挙げなくてもいい」という考え方の持ち主でした。また、コロナの感染拡大期のため、葬儀を行う雰囲気ではありませんでした。それが、葬式を行わないという決断を後押ししたと思います。コロナがなければ、小規模な葬儀はしたかもしれません。

 父母とも考えは同じで、3年前に父が亡くなった時も葬儀はしませんでした。故人の願いに応えることが弔いになると思います。

 ――葬儀のほかに、どんな弔い方があると考えますか。

 ◆葬儀の時だけ、お金と手間をかけ、人が寄り集まることだけが弔いではないと思います。折に触れて、「あの時に酔っ払って、おやじ暴れてたなあ」「あの時、母親のあの言葉に救われたなあ」と、思い出話をする機会をできるだけたくさん作ること。それが、私の考える弔いです。たとえ話ですが、昔は人が何かにぶつかりそうになった時に「おっと、ナムアミダブツ」と言ったそうです。危ない思いをして、無事だった時に「お母さん、ありがとう」と思うようにしておけば、父母が役立ってくれることにもなる。

 母が急に亡くなり、荼毘(だび)に付した時に感じたのは、「亡くなってしまえば肉体や遺骨は、単なる物質」ということです。そこには霊も心も宿っていない。むなしさだけが残りました。故人を指して、「あの人はどこかで見守ってくれているよ」という言い方をしますよね。霊魂があるとすれば自分の心、人々の記憶の中にあると思います。

 ――コロナ禍で葬儀を挙げられず、悲嘆にくれた遺族もいます。

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文2043文字)

熊谷豪

2002年入社。神戸支局などを経て2016年から、くらし医療部。厚生労働省担当を経て、現在は記者クラブに所属せず、戦後補償の他、医療や暮らしの問題などを取材。

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです