メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

DedachiKenta 想像力が生む聖なる歌

 <楽庫(らっこ)>

 映画「アイ・キャン・オンリー・イマジン~明日へつなぐ歌」が先週から公開になった。神の教えを歌うアメリカのクリスチャンミュージック界最大のヒットとなったロックバンド、マーシーミーの「アイ・キャン・オンリー・イマジン」の誕生秘話を基にした作品で、父と息子の愛と再生が描かれている。全米では音楽ドラマ映画として、「ロケット・マン」に次ぐ興行成績歴代5位を記録している。

 その映画の日本公開版エンディング曲をDedachiKentaが歌っている。「まさかあの歌をカバーするとは」という彼は、宣教師の家庭に生まれた20歳のシンガー・ソングライター。子供の頃から教会の聖歌隊で賛美歌などを歌い、全米でロングヒットしていたこの曲をよく自宅や車で聴いていたという。だから、当初驚いたそうだ。しかも、日本語の歌詞とアレンジも手掛けることになった。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです