メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝、4年連続11回目
週刊テレビ評

「共演NG」 里見浩太朗が放つ存在感=ペリー荻野

ドラマ「共演NG」第5話(11月30日放送)の一場面。右が出島徹太郎役の里見浩太朗

 テレビ東京系「共演NG」(月曜午後10時)が面白い。物語の舞台は、「テレ東」ことテレビ東洋が社運をかけたドラマ「殺したいほど愛してる」の撮影現場。しかし、出演者は、ひどい別れ方をして25年間も共演NGだった大物俳優・遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)をはじめ、同じアイドルグループ出身で対立する先輩後輩女優、キャラがかぶってけん制し合う若手イケメン俳優など、なぜか仲が悪い者ばかりが集められていた。制作発表の場で、早くも遠山と大園が激突。他の面々も言い合い、にらみ合いの連続で、スタッフは翻弄(ほんろう)されるばかりだ。

 芸能界のタブーとされる「共演NG」や、視聴率は初回が命、一番怖いのは視聴者じゃなくてスポンサーなど、ドラマ制作の裏と本音が巧みに織り込まれるあたりは、さすが企画・原作が秋元康という気がするが、中でも私が感心したのは、時代劇の大御所俳優・出島徹太郎役の里見浩太朗の存在感。出島は「殺したいほど……」で、ヒロイン大園の夫の父親役。息子を演じる小松慎吾(堀部圭亮)と元師弟関係だが、小松は出島のもとを飛び…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文1074文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 前橋暴走2人死傷「罪償いたい」 1審無罪被告に希望通り逆転有罪判決 東京高裁

  3. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  4. 持続化給付金詐取容疑、3人逮捕 1億円不正受給関与か 現金運搬中、職質で発覚

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです