メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/157 澤田瞳子 画 村田涼平

 近江国滋賀郡(こおり)は峻険(しゅんけん)な山と湖を東西に擁し、西の尾根に山城を構えれば、西に続く逢坂(おうさか)越えの往来を監視することも出来る。仮に唐・新羅(しらぎ)軍が難波津から攻め寄せても、都を捨て、北陸道や広大な鳰(にお)の海経由で逃げることも出来るとの葛城(かつらぎ)の言い分は、確かに筋が通っている。それだけに大臣たちはもちろん、大(おお)海人(あまの)王子(みこ)も喉の奥に何かつかえたような顔で口をつぐんだが、収まらぬのは今後の大王(おおきみ)の座の行方にまで気の回らない宮の従僕や厨女(くりやめ)、はたまた飛鳥近辺に暮らす庶人たちである。

「畿外になんて、行けるもんかい。だいたい滋賀って場所は、宮城とお偉方たちのお屋敷を建てるだけで精一杯のせまっ苦しい地というじゃねえか。そうなると俺たちみてえな下働きは、都からうんと離れたところから勤め先に通わなきゃならなくなっちまうぜ」

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです