メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アホウドリ、実は2種類 鳥島と尖閣で生息 大きさ・くちばしに違い

伊豆諸島・鳥島生まれのアホウドリの雄=今野怜氏提供

 国の特別天然記念物のアホウドリは従来1種類だけだと考えられてきたが、実は2種類あることが分かったと北海道大や山階鳥類研究所(千葉県)のチームが19日、発表した。主に伊豆諸島・鳥島と沖縄県・尖閣諸島で生息しているが、体の大きさやくちばしの特徴に違いがあり、それぞれ別種と判断した。絶滅の恐れがある鳥で、同じ種に見えたが実際は違ったという例は世界で初めて。

 アホウドリは翼を広げると2メートルを超える大型の海鳥。これまでの研究で鳥島生まれと尖閣諸島生まれの遺伝子型は異なると確認され、巣立ちの時期も違うとみられるため、別種の可能性があると指摘されていた。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです