メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サイドライト

破卵 生命の源、規格外の個性

破卵と呼ばれる、殻の形がさまざまな卵。このまま売り場に並ぶことはほとんどない=兵庫県淡路市で2020年10月26日、小出洋平撮影

 養鶏業界で「破卵(はらん)」と呼ばれる規格外の卵がある。殻の形がいびつだったり、ひび割れたりした卵のこと。品質に何の問題もないが、身近なスーパーの卵売り場などで見掛けることはない。

 約14万羽を飼育する兵庫県淡路市の北坂養鶏場では、1日に生産される約10万個のうち7~8%が規格外という。マヨネーズ…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです