メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辞林

閉塞感打ち破る67点 奎星会おびひろ書展 /北海道

書展を開いた奎星会おびひろの会員たち。左端の作品は八重柏冬雷代表の作品「開」=北海道帯広市で2020年11月18日、鈴木斉撮影

 奎星会おびひろの第56回書展が24日まで、帯広市民ギャラリーで開かれている。前衛書を中心に会員36人の作品67点が並び、コロナ禍の閉塞(へいそく)感を打ち破るような力強い書が注目を集めている。

 同会は1962年発足で会員は43人。毎日書道展審査会員の八重柏冬雷代表(66)=芽室町=は、「ばんえい競…

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点 衆院予算委 野党「景気重点」やり玉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 赤坂電視台 加藤浩次/1 料理の味は思い出とともに

  5. 視聴室 美女と焼肉

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです